「傷心」とは?意味や使い方を解説します!

「傷心」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「傷心」について解説します。

目次

  1. 傷心
  2. 傷心の意味とは
  3. 傷心の使い方・例文

傷心

傷心(読み方:しょうしん)』という言葉について解説します。

皆さん、この言葉は見聞きした事があるでしょうか?

悲しい、寂しい気持ちのイメージが強い、なんて方もいらっしゃると思います。

あるいは、これを見ているあなたが、今まさに傷心しているかもしれません。

今回は、この傷心という言葉のについての解説になります。

全然知らない!って人も、なんとなく知っている!って人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな傷心という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

傷心の意味とは

傷心(読み方:しょうしん)とは『心に痛手を受ける、悲しく思う、傷ついた心、心痛を指す。』という意味の言葉となっています。

・・・。悲しい・・・。非常に悲しい言葉です。

生きていると、必ず傷ついたり、傷つけてしまったりすることがあります。

そんな中で、心が痛くなり、悲しく苦しんだことがある人、あるい今もまさに、そんな心情な人は、傷心していると言って間違いないでしょう。

そんな時に使用する言葉になります。

思い通りにいかない、辛く悲しい…。どんなに幸せそうに見えても、そう感じたことが無い人の方が少ないはず。傷心した時には、休むこと、話すこと、をお勧めします。

どうか皆さんが、傷心している時に、誰かがそばにいて、ゆっくりと休めることを祈っています。

>

傷心の使い方・例文

・心無い誹謗中傷は、容赦なく彼らを傷心させた。
・傷心した心を癒すには、時間が必要だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ