「描写」とは?意味や使い方を解説します!

「描写」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「描写」について解説します。

目次

  1. 描写
  2. 描写の意味とは
  3. 描写の使い方・例文

描写

描写(読み方:びょうしゃ)』という言葉について解説します。

比較的、頻繁に使用されていうこの言葉、皆さんは見聞きした事はあるでしょうか?

TVや本など多方面で使用されるこの言葉。書き写すなどのイメージがあるかもしれません。

今回は、この描写という言葉を解説していきます。

聞いた事がない!って人も、見聞きした事がある人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな描写という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

描写の意味とは

描写(読み方:びょうしゃ)とは『実際に見たり聴いたりしたことをあるがままに、形や特徴などを文章や音楽や絵画などを介して、写し表現する事を指す。』という意味の言葉となっています。

自分が見た、感じた、聞いたものを、相手にも感じさせるような、音楽や文章や絵画で造り出す事を、描写といいます。

絵画で言えば、今にも香りが漂ってきそうな花の絵もありますし、何か悍ましいものが同じ空間に居そうな気分にさせられる映画なんかもありますよね?

ただ、美しく表現されるものとの違いは、実在し尚且つ自分が見て感じたものを表現したものであること。

そのままそっくりに作り出すことも、普通じゃ難しいのに、周りの人々に描写した作品を通じて、心を揺さぶる事ができるなんて、素晴らしいですよね?

それが、もしも小数人でも、誰かの心に深く刺さる描写をできる人なら、それは世界を素晴らしいく輝かせる魔法使いなのかもしれません。
 

>

描写の使い方・例文

・まるで、馬の息遣いを感じられるような描写だ。
・描写の中には、残酷極まりない部分もあるが、それが真実なのだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ