「ルーチンワーク」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ルーチンワーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ルーチンワーク」について解説します。

目次

  1. ルーチンワーク
  2. ルーチンワークの意味とは
  3. ルーチンワークを使った文章・例

ルーチンワーク

皆さんは「ルーチンワーク」という言葉をご存知でしょうか。


習慣化している行動などを指す言葉で、「ルーティン」などの表記もありますが同じ意味です。

今回は「ルーチンワーク」という言葉について詳しく解説します。

ルーチンワークの意味とは

>

ルーチンワークとは「決まった手順で行われる作業。また、日課のように日常的に行われる作業」という意味です。

英語で「routine work」と綴る言葉をカタカナ読みした言葉です。
「routine」とは「お決まりの手順」「日常の手順。日課」という意味の英単語です。
「ルーティンワーク」、または単に「ルーティン」といった場合でも同じ意味になります。

近年よく使われるのは「出勤前のルーチンワーク」「寝る前のルーチンワーク」などのような形で、日常的に習慣化している行動を表すものです。
たとえば仕事がある日の朝ならば何時に起床して朝食に何を食べるかはだいたい同じであるし、シャワーを浴びたり情報番組を見たりといった行動もおおよそ同じパターンを繰り返している人が多いです。
こうしたお決まりの行動を指して「ルーチンワーク」という言葉を使っていることが多いです。

日常の行動が「ルーチンワーク」となる理由は、効率を追求したり、その後のパフォーマンスを良くするための準備だったりというものを挙げることができます。

ルーチンワークを使った文章・例

  1. 私の帰宅後のルーチンワークは、コーヒーを淹れることから始まる。
  2. 始業前に服装を点検することは、会社全体のルーチンワークとなっていった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ