「本質」とは?意味や類語を解説!

「本質」という言葉の意味を解説します。あわせて「本質」という言葉の類語についても紹介します。

目次

  1. 本質
  2. 本質の意味とは
  3. 本質を使った文章・例文

本質

本質」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

「人の本質」や「本質を見抜く」、「物事の本質」など、よく見る文章ですね。

しかし、「本質」という意味をしっかり理解している人は多くありません。
現在はなんとなく「本質」という言葉を使っている人が多くいます。

まだ、意味を知らないという人はこの記事で覚えてしまいましょう

今回は「本質」について解説していきます。

本質の意味とは

「本質」とは「物事の根本的な要素。そのもの」や「哲学において、存在するものの存在をなすもの」という意味です。

難しく、理解しにくいですが、簡単に言うと「存在するものや物事のそのもの、もしくは固有の存在」ということです。

例えば「フォーク」という言葉の「本質」について解説します。
「刺すための器具」、「フォークの材質の根本素材」、「観賞用か活用目的か」など、たくさんの疑問が存在しますが、そのような根本を考えることを「本質を見極める」などと言います。

しかし、物事の「本質」を完璧に見抜くことは不可能です。
哲学や科学、倫理学では物事や世界、人物の本質を考えるということが昔から行われています。

「地球が地球である本質は何か」、「地震が起きる本質はどこにあるのか」など、様々なことが研究・思想されています。
また、そのような本質を研究することを「本質論」などとも言います。

哲学もしくは神学用語ですが、現在では一般用語として流用させています。
 

>

本質を使った文章・例文

「本質」を使った例文を紹介します。

  1. 物事の本質を考えることは大切だ。
  2. この仕事の本質はどこにあるのだろうか。
  3. このニュースの本質情報はどこにあるのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ