「パロディ」とは?意味や日本語での意味を解説!

「パロディ」という言葉の意味や日本語での意味を解説していきます。パロディの商品や作品も最近では多く、この言葉の意味やぜひ理解しておきましょう。

目次

  1. パロディ
  2. パロディとは
  3. パロディの使い方・例文

パロディ

この記事では「パロディ」について解説していきたいと思います。

みなさんはこの言葉を聞いたことはありますか?

テレビやアニメなどでも○○パロディや、パロディネタなどという形で目にしたことがある方も多いはずです。

しかし、中にはパロディの意味を正確に理解していないのに多様に使う人も見受けられます。そうならないためにも、パロディの意味についてしっかりと確認していきましょう。

パロディとは

パロディとは「他の作品の要素を用いて模倣された作品や商品またはその手法」という意味になります。

基本的には、ある作品の特徴的な描写やセリフなどを模倣して、他の作品の一部分として組み込んでいる場面などを指します。

使われる用途としては、人気の作品の一部を真似ることで全く異なる作品であるにもかかわらず、「人気作品の良さを彷彿とさせる」もしくは「要素が噛合うことで新たな良さを発揮する」などが挙げられます。

ちなみにパロディは英語の『Parody』から来ているのですが、直訳としては「下手な模倣」や「こっけいにまねる」などといったマイナスなイメージを抱く訳となっています。

しかし、昨今で使われるパロディは場合にもよりますが、基本的は他の作品の要素を加えている程度の意味であり、決してすべてが悪い意味で使われているわけではありません。

パロディの類語

パロディの類語としては

  • オマージュ
  • インスパイア
  • パクり
などといった真似するという意味がある種類の言葉が挙げられます。

パロディの使い方・例文

パロディを使った例文についてご紹介させていただきます。

1.あのアニメのセリフは、多くの異なる作品でパロディネタとして使われている。
2.この歌は、あのアーティストのパロディである。
3.あのパロディの使い方は作品の良さをより良くしている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ