「グローリー」とは?意味や使い方を解説!

「グローリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思います。一体どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「グローリー」という言葉の意味や使い方、例文について解説します。

目次

  1. グローリー
  2. グローリーの意味とは
  3. グローリーを使った文章・例文

グローリー

グローリー」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

しかし、皆さんは「グローリー」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「グローリー」について解説していきます。

グローリーの意味とは

グローリー(glory)」の意味は、「栄光、誉れ、名誉、栄光を与えるもの、誉れとなるもの、栄華、成功の絶頂、全盛、大得意、満悦」「ブロッケン現象」となります。
このブロッケン現象ですが、日本では「御来光(ごらいこう)」「仏の御光(ほとけのごこう)」などと称して尊ばれています。

ブロッケン現象
読み方:ぶろっけんげんしょう
英語 :Brocken Specter
登山者がよく経験する気象光学的現象の一つで、ドイツのブロッケン山でたびたび見られることから,ブロッケンの妖怪とも言われています。
霧や雲がかかっているとき太陽光線を背にすると,見ている人の影が雲粒や霧粒によって光が散乱され、顔の影を中心に虹と似た大きな光輪が見られる様子のことを指します。

また、他にもニコニコ動画内における、男性のゲーム実況プレーヤーのこと
glory(読み方:グローリー)と呼んでいるそうです。

グローリーを使った文章・例文

<例文>

  • 一生のうちに、一度でいいからグローリー現象を見てみたい。

<英語>​
  • Let’s all make a toast to our glory days.(わたしたちの栄光の日々に乾杯!)
  • His name is the glory of this town.(彼の名はこの町の誇りである。)

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ