「猫に小判」とは?意味や使い方を解説!

「猫に小判」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「猫に小判」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 猫に小判
  2. 猫に小判の意味とは
  3. 猫に小判の由来
  4. 猫に小判の使い方・文章

猫に小判

猫に小判(ねこにこばん)」という言葉の意味と猫に小判を使った文章について解説します。

文字の意味だけではいまいちわからないこの言葉についてしっかりと意味を理解しましょう。

猫に小判の意味とは

猫に小判の意味は「いくら価値のあるのもでも、その価値の分からない人に与えても無駄になること」を表します。

猫に小判の由来は意味で大体わかるかと思いますが、猫に小判を与えたところでその価値がわからないため、無駄な品になるというところからきています。
身近な動物で表したいという昔の人の意思も含まれています。

猫に小判の類義語

  • 豚に真珠
  • 馬の耳に念仏

「豚に真珠」とは?意味や使い方を解説! | 意味解説

猫に小判の由来

猫に小判のは、人間にとって価値のある小判でも、猫にとっては価値もわからなく無価値であることが由来と言われています。

意味を理解すると言葉通りの由来だと言うことがわかります。

猫に小判の使い方・文章

  1. 小学生に高い時計を持たせてもまだ猫に小判だよ。
  2. 叔父にもらった時計がこんなに貴重なものだったとは、今まで猫に小判状態だったな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ