「ヒロイン」とは?意味や使い方を解説!

「ヒロイン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思います。よく耳にする言葉ではありますが、どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「ヒロイン」の意味や使い方について解説します。

目次

  1. ヒロイン
  2. ヒロインの意味とは
  3. ヒロインの対義語
  4. ヒロインを使った文章・例文

ヒロイン

ヒロイン(heroine)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

しかし、皆さんは「ヒロイン」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「ヒロイン」について解説していきます。

ヒロインの意味とは

ヒロイン」という言葉の意味は、「フィクション作品(劇や小説、物語など)の女性の主人公・女性の英雄」となります。
 

  • 作品の中で重要な女性キャラクターが2人以上いる場合、メイン、サブと位置づけ、「メインヒロイン」「サブヒロイン」、「ダブルヒロイン」という用語が使われることがあります。
  • ヒロインといえば、基本は清純で心優しいいわゆる「善人」であることが多いです。しかし、中には人格面や倫理観に逸脱した「悪人」の場合も存在します。その場合、悪のヒロインとして「ダークヒロイン」「アンチヒロイン」という用語が使われることもあります。

<ヒロインが二人いるドラマの例>
  • 「カバチタレ」
  • 「天気予報の恋人」
  • 「水曜日の情事」
  • 「週末婚」
  • 「牡丹と薔薇」

>

ヒロインの対義語

<対義語>
「ヒーロー(Hero)」
意味:英雄。フィクション作品(劇や小説、物語など)の
   男性主人公、英雄的な活躍をする男性。

ヒロインを使った文章・例文

<例文>

  • この作品は、ヒーローとヒロインのダブル主演の恋愛ものです。
  • 彼女は初めての出演作品で、ヒロイン役に大抜擢されました。
  • ずっと前から憧れているヒロインになりたくて、お芝居の稽古に励んでいます。
  • ヒロインは、いつでも誰かの憧れの存在である。
  • ヒロインはヒーローと結ばれることが多い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ