「アイデンティティー」とは?意味や使い方を解説!

「アイデンティティー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アイデンティティー」について解説します。

目次

  1. アイデンティティー
  2. アイデンティティーの意味とは
  3. アイデンティティーを使った文章・例文

アイデンティティー

「アイデンティティー(identity)」という言葉の意味や例文について解説します。

よく耳にする言葉で、歌の歌詞にも登場し、ビジネスの場やカウンセリングなどでも使われます。

皆さんは、アイデンティティーという言葉の意味をご存知でしょうか。

なんとなくこんな意味だろうと想像して使っている方も多いかもしれません。

日常会話の中で使えるとかっこいい言葉なので、堂々と使えるよう、この機会に、アイデンティティーという言葉について深く知っていきましょう。

アイデンティティーの意味とは

アイデンティティー(identity)という言葉には2つ意味があります。
日本語に訳すと以下のような意味になります。

1つ目の意味は、「自己が、時間や環境の変化に関わらず、連続する同一のものであること。自己同一性。主体性」となります。
2つ目の意味は、「本人であること。身分証明」になります。

主に、自己同一性という意味で使われ、精神分析に用いられることもあります。

 

アイデンティティーを使った文章・例文

  1. 精神的に弱く、アイデンティティーがないと言われる。
  2. アイデンティティーあることを示すには、独自の意見を出した方が良い。
  3. 自我を押し通すことがアイデンティティーがあることだと勘違いしている。
  4. 思春期には、自分のアイデンティティーについて悩んだものだ。
  5. カウンセリングにおいてアイデンティティーという課題は大きい。
  6. アイデンティティーを日本語に訳すと自己同一性になるが、それ以外の意味でも使っている。


 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ