「サバイバル」とは?意味や使い方を解説!

「サバイバル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サバイバル」について解説します。

目次

  1. サバイバル
  2. サバイバルの意味とは
  3. サバイバルの使い方・例文

サバイバル

サバイバル」という言葉について解説します。

無人島をサバイバルする。という風に使われるこの言葉ですが、わりと耳にする機会が多いカタカナ語ではないでしょうか。

そんなサバイバルという言葉の、元々の英語の意味や読み方、日本語としてはどのような使い方をされているのかなども含めて紹介しますので、しっかりと意味を把握してみましょう。

サバイバルの意味とは

サバイバルの意味は「(困難な状況を乗り越えて)生き残ること」となります。

最近ではほぼ日本語のように使われているのでニュアンスしか知らない方もいると思いますが、言葉にするとこういう意味になっています。

なので、サバイバル術と言った場合は「生き残る為のすべ、知識」となり、
サバイバル競争と言った場合は「生き残りをかけた競争」となります。

>

サバイバルの英語

英語のスペルは「survival」となり、読み方は同じくサバイバルです。

サバイバルの結果生き残った人、生存者のことは「survivor」となり、読み方はサバイバーです。

スペルがsurvivalで、bではなくてvなのでサヴァイヴァルの方が読みのニュアンスとしては近いかもしれませんし、サヴァイヴァルと表記されることもあります。

サバイバルの使い方・例文

  1. 山で遭難した時のためにサバイバルの知識は持っていたほうがいい。
  2. 有力者が集まった今大会は熾烈なサバイバルの様相を呈してきた。
  3. 人生をサバイバルしていかなければならない。
  4. キャンプ道具はそのままサバイバルグッズとしても使える。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ