「鉄は熱いうちに打て」とは?意味や使い方を解説!

「鉄は熱いうちに打て」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「鉄は熱いうちに打て」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 鉄は熱いうちに打て
  2. 鉄は熱いうちに打てとは
  3. 鉄は熱いうちに打ての使い方・例文

鉄は熱いうちに打て

鉄は熱いうちに打て(てつはあついうちにうて)」ということわざをご存じでしょうか?
覚えておくと便利な言葉ですよ。
ここでは、「鉄は熱いうちに打て」の意味や英語、類語などを詳しく解説していきたいと思います。

鉄は熱いうちに打てとは

「鉄は熱いうちに打て」とは、「若い頃の方が物覚えがいいので、若いうちに教育などをした方がいい」という意味と「物事はタイミングが重要なので、熱意を持っている時に物事を運んだ方が良い」という意味があります。
鉄は、熱して軟らかい状態でしか鍛えることができません。その事から、老いてしまう前の吸収力が高い若い頃に教育をした方がいいや、タイミングを逃さずに物事を運んだ方が良いという風になりました。

鉄は熱いうちに打ての英語

「鉄は熱いうちに打て」という言葉を英語にすると「Strike while the iron is hot.」となります。
イギリスにこのことわざがあります。
意味は、手遅れにならないうちに処置をしろというものです。意味合いは、日本もイギリスも変わりませんね。

鉄は熱いうちに打ての類語

「鉄は熱いうちに打て」には、このような類語があります。
・老い木は曲がらぬ
・好機逸すべからず
・奇貨可居
老い木は曲がらぬは、若いうちに直すべきところは直さないといけないという意味があります。好機逸すべからずと奇貨可居は、良いタイミングを逃してはいけない意味があります。

鉄は熱いうちに打ての使い方・例文

1.若い頃に勉強しなかったから、老いてから鉄は熱いうちに打たなかったことを後悔する。
2鉄は熱いうちに打った方がいいから、すぐに電話を折り返した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ