「イノセント」とは?意味や使い方を解説!

「イノセント」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「イノセント」というカタカナ語の意味や使い方について解説します。合わせて、英語や対義語・類語も解説します。

目次

  1. イノセント
  2. イノセントの意味とは
  3. イノセントとピュアの違い
  4. イノセントの対義語
  5. イノセントを使った文章・例文

イノセント

イノセント」という言葉を、曲の歌詞やドラマの台詞などで聞くことがあると思います。使われる場面を考えると清らかな印象を与える言葉ですが、元々の英語での意味などは知らない人が多いかもしれません。

似た言葉に「ピュア」という言葉がありますが、この違いも明確ではありませんね。よく聞く言葉なので、類語や対義語なども理解して正しく使いたいところです。

この記事では、「イノセント」の英語表現や類語、対義語などを解説します。

イノセントの意味とは

「イノセント」は英語では「innocent」と書き、その意味は「無罪、潔白、純潔」などを表します。日本語でのイノセントも、英語の「innocent」と同じく、潔白や純潔などの意味で使われることが多いですね。

例えば、ドラマのタイトルにもあった「イノセントラブ」は「純潔な愛」といった意味を表しています。狭義のイノセントラブは純潔という言葉の解釈から、肉体関係のない恋愛を表すこともあります。
 

イノセントとピュアの違い

イノセントと似た言葉に「ピュア」という言葉があります。よく、彼女は「ピュア」な子だ、といったような使い方をしますね。

イノセントとピュアは同義語で、意味上の大きな違いはありません。イノセントに比べてピュアの方が語感がやわらかいこともあり、日常会話の中で登場する機会が多いかもしれません。

 

イノセントの対義語

guilty(有罪)

イノセントを使った文章・例文

  1. 彼と彼女はイノセントラブを貫き通した。
  2. イノセントは、ドラマのタイトルや曲名などにも使われるドラマチックな言葉だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ