「千載一遇」とは?意味や使い方を解説!

「千載一遇」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「千載一遇」の読み方と、意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 千載一遇
  2. 千載一遇の意味とは
  3. 千載一遇の使い方・文章

千載一遇

千載一遇(せんざいいちぐう)」という言葉の意味と、千載一遇を使った文章について解説します。

大きなチャンスを目の前にした人が「千載一遇のチャンスだ」と意気込んでいるのを見たことはありませんか?千載一遇ということわざが実際にどういった意味を持つのか、この機会に知ってみましょう。

今回は「千載一遇」の意味や使い方、例文などを解説していきます。

千載一遇の意味とは

千載一遇の意味は「千年に一度しか訪れないほどの、二度はないような良い機会」「めったに訪れないであろう良い機会」となります。

千載の「載」は「年」と同じ意味で、一遇の「遇」は思いがけず出くわすという意味を持ちます。なのでストレートに、千年に一度訪れるような機会というわけですね。人生を左右するようなチャンスに出会った時にはふさわしいことわざでしょう。

このことわざの由来は、東晋の袁宏が著した三国名臣序賛において「千載一遇は、賢智の嘉会なり」とあるのに基づいているそうです。

千載一遇の類義語

  • 盲亀浮木

千載一遇の使い方・文章

  • この千載一遇のチャンスは絶対に掴んでみせる。
  • Aさんと出会ったこの日は千載一遇の日でしょう。
  • 千載一遇のチャンス到来
  • 千載一遇の好機を掴むためにはここで勝負するしかない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ