「ドロップ」とは?意味や使い方を解説!

「ドロップ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ドロップ」について解説します。

目次

  1. ドロップ
  2. ドロップとは
  3. ドロップの使い方・例文

ドロップ

この記事では「ドロップ」の意味について解説させていただきます。

みなさんはドロップという言葉を聞いたことはありますか?
スマホやパソコンゲームでアイテムのドロップ率が低い表現や飴のお菓子などでドロップという名称のものをいくつか目にしたことがある方もいるかと思います。

様々な場面で用いられるドロップという言葉は一体どんな意味があるのか、この記事を参考に理解を深めていきましょう。
 

ドロップとは

まずドロップとは「しずく、滴り、落ちる」という意味があります。

様々な場面で用いられるドロップは基本的にこの意味から転じたものといえます。

例えば野球の世界でもドロップという言葉が存在ます。野球では投手の投げたボールが打者の前で急に落ちるようなカーブのことを指します。また、スマホやパソコンなどのゲームにおけるドロップ率という言葉は、どのくらいアイテムなどが落ちやすいかを数字的に表したものとなっているのです。

ドロップ(drop)には「飴」という意味もあります。日本では飴はどちらかというとキャンディー(candy)というイメージが強いですが、実際には私たちが思い描く飴はドロップと呼ばれており、キャンディーとはクッキーなどのことを指すようです。そのため、ドロップはハードキャンディーなどと呼ばれることもあります。

さらにはパソコン用語の一つにも、「ドラック&ドロップ」という言葉が存在します。
これはドラック(drag)は「引きずる」を意味しており、ドロップ(drop)は「落とす」という意味で、移動させたい図形や文章などをクリックしたまま引きずり、移動させたい場所でクリックを離すことで移動が出来るという使い方となっています。

ドロップの使い方・例文

ドロップの例文についてご紹介させていただきます。

1.さっきあのアプリでこのアイテムをドロップした。
2.あの野球選手のドロップには驚きだ。
3.お金を金庫にドロップする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ