「ティザー」とは?意味や使い方を解説!

「ティザー」という言葉をご存知でしょうか。一つの専門用語のようで、意味がはっきりとしないのは正直な意見です。このように聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では英語の表現でもある「ティザー」について解説します。

目次

  1. ティザー
  2. ティザーの意味とは
  3. ティザーを使った文章・例文

ティザー

ティザー戦略でいきましょう」「これはティザーなので、後でもっと知りたいと思うはず」このように一体何を言っているのだろうと思うことがあるかもしれません。

実は、この言葉は今の広告業界では当たり前のように使用されている言葉です。

では、どのような意味があるのでしょうか?

正しい理解を得るようにしましょう。

ティザーの意味とは

ティザーとは、広告において「本来伝えるべき情報幾つかを意図して伝えないようにして、その情報をもっと知りたいと思わせる広告手段」のことです。

それで、このティザーを用いた多くの広告方法が存在します。

英語の「teaser」はもともと意地悪な人という意味がありますが、この場合では「じらす」の意味のほうで活用されている表現です。

それで、見せるべきものを見せないで、じらして知りたいと思わせる方法です。

例えば、ティザー映像は、CMなどで、少しだ見せて消費者の興味を引き立てる効果のことです。

そして、ティザーポスターも同様に一部だけを表示させて同じような効果を出すための手段です。

また、ティザートレーラーという言葉をお聞きになったことがあるかもしれませんが、これはティザー効果を狙った広告用の映像の事を意味します。

このように英語のティザーを今では、この表現の使い方として広告の世界では一般化されています。
 

>

ティザーを使った文章・例文

  1. 今回のティザーポスターはあまり効果がなかったと思う
  2. ティザー広告を上手に配置しなければ意味はない
  3. ティザートレーラーを上手に使った車のCMだ
  4. ティザー映像の編集にはより多くの試行錯誤が求められる
  5. ティザー広告だけでは成果は出ないと思う

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ