「コンプライアンス」とは?意味や使い方を解説!

「コンプライアンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンプライアンス」について解説します。

目次

  1. コンプライアンス
  2. コンプライアンスの意味とは
  3. コンプライアンスを使った文章・例文

コンプライアンス

コンプライアンス」という言葉の意味をご存知でしょうか。

会社やアルバイト先などで「コンプライアンスに引っかかる」という言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、あまりに真剣な雰囲気に、直接意味を聞けなかったという人もいるのではないでしょか。この記事ではそんな「コンプライアンス」の意味や使い方、例文などを詳しく解説していきます。

コンプライアンスの意味とは

コンプライアンスとは、「規則や決まり事を遵守(じゅんしゅ)する」ことを意味します。

遵守とは、法律や道徳などに従い、それを破らずに守ることを意味します。本来は英語の「compliance」は遵守のみを意味する言葉ですが、日本ではそこに企業・医療の現場などで行われるべき法令遵守のことを指します。

企業コンプライアンスは、従業員に対し適切で快適なを労働環境を設けることや、顧客情報などのプライバシー保護に努めることなどを指します。またそれらの法令遵守を怠ることを「コンプライアンス違反」といいます。

医療に携わる人間が守るべき守秘義務などの医療コンプライアンスや、その患者が規定通りに薬を服用することを服薬コンプライアンスなど、様々なコンプライアンスが存在します。

コンプライアンスを使った文章・例文

  1. コンプライアンスを全社員がきっちり理解することは、長期的に見ても企業の利益に繋がるといえる。
  2. 医療の現場に長年身を置きながら、患者を守るコンプライアンスを軽視した行動は許しがたい。
  3. 職場の食器洗浄機をお風呂にして遊んだ少年たちは、コンプライアンス以前にモラルが欠けていたのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ