「コーポレート」とは?意味や使い方を解説!

「コーポレート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コーポレート」について解説します。

目次

  1. コーポレート
  2. コーポレートの意味とは
  3. コーポレートとカンパニーの違いとは
  4. コーポレートを使った文章・例文

コーポレート

コーポレート」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「ガバナンス」という言葉と一緒になっているときに見たことがあるという人や、マンションやアパートの名前になっているのを見たことがあるという人もいらっしゃるかと思います。そんな「コーポレート」の意味や使い方を解説していきます。

コーポレートの意味とは

コーポレートとは、「団体・会社」を意味します。

英語で「corporate」とは法人のことを指す形容詞で、様々なものに接続して用いられます。

コーポレートガバナンスとは、政府のことを英語で「govarment」ということから、戦略からシステムの構築まで企業内の様々なことを管理するという企業統治を意味します。

マンションやアパートの名前についているコーポレートは、法人というよりは団体の意味合いになり、集合住宅などのことを意味する「corprate house」のことを指します。また「コーポ」と略した言葉も使われています。

>

コーポレートとカンパニーの違いとは

コーポレートと似た意味をもつ言葉に「company(カンパニー)」という言葉があります。どちらも企業や会社を意味しますが、違いは規模にあります。

コーポレートの場合は子会社なども持つ大企業を意味し、カンパニーの場合は大小問わない全ての会社のことを指します。

コーポレートを使った文章・例文

  1. コーポレートブランドの認知度を高めるために、CMは欠かせない戦略の一つといえる。
  2. まるでコーポレートカラーの違う職場に転職し、戸惑うどころか毎日がワクワクでいっぱいだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ