「サンプル」とは?意味や使い方を解説!

「サンプル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サンプル」について解説します。

目次

  1. サンプル
  2. サンプルの意味とは
  3. サンプルの類語
  4. サンプルを使った文章・例文

サンプル

「サンプル」という言葉の意味や類語、例文について解説します。

日常生活やビジネスの場でもよく使う言葉ですが、皆さんはサンプルという言葉をご存知でしょうか。

英語では、sampleと書きます。

simpleとスペルが似ていますが、意味は大きく異なります。

商品サンプルや食品サンプルといった言葉があります。

主な意味は広く知られていますが、その他の意味や類語まではあまり知られていません。

詳しい意味を知っていると便利な言葉なので、この機会に深く知っていきしょう。
 

サンプルの意味とは

サンプルとは、「見本。標本。母集団から確率的に標本を抜くこと。抽出すること。そうして抜き取った一組。」という意味になります。

英語でのsampleは、「全体または種類を代表する見本。標本。無料で配布する商品見本。試供品。標本抽出。」という意味で、日本でも本来の意味に近い形で使われています。

また、スペルが似た単語に「simple」がありますが、こちらは「簡単な。やさしい。単純な。基本的な。」という意味なので混同しないよう気を付けたいところです。

>

サンプルの類語

  • 標本
  • 見本
  • 試料

サンプルを使った文章・例文

  1. 化粧品のサンプルをもらったので使ってみたら肌に合わなかった。
  2. 食品サンプルを参考に、各店舗で同じように盛り付けをしてほしい。
  3. 商品サンプルを配るので、使ってみた感想を教えてください。
  4. 化粧品コーナーでサンプル品を見ていたら美容部員の方が使い方を教えてくれた。
  5. 新商品のサンプルを送ったので使ってみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ