「シック」とは?意味や使い方を解説!

「シック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思います。一体どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「シック」という言葉の意味や使い方、例文について解説します。また、類義語についても紹介します。

目次

  1. シック
  2. シックの意味とは
  3. シックの類義語
  4. シックを使った文章・例文

シック

シック(chic」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
しかし、皆さんは「シック」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「シック」について解説していきます。

シックの意味とは

「シック」という言葉の意味は、「洒落ており、気がきいたさま」「あかぬけているさま」「上品で雰囲気が洗練されているさま」となります。
英語ではなく、フランス語で「chic」と書きます。
元々のフランス語「chic」の意味は、「技術・熟練」という意味になります。
英語の「sick」は「病気である・病をもちいた人」という意味になるので、間違わないように
注意しましょう。

シックという言葉はインテリアやファッションなど、いろいろなものに
使われる言葉です。
「落ち着いた」「シンプルな」という雰囲気にもなりますが、それらの意味と
勘違いしている人が多いので間違わないように気を付けましょう。
 

シックの類義語

<類義語>
「小粋」「格好良い」「ハイカラ」「洒落た」「いなせ」「スマート」
「スタイリッシュ」「おしゃれ」「上品」「ファッショナブル」

シックを使った文章・例文

<使い方>

  1. 服のファッション関係の時
  2. 服やグッズなどのセールスの時
  3. お店やインテリア関係の時

<例文>
  1. 彼女はいつもシックなデザインの洋服を着こなしている。
  2. このお店は、シックな雰囲気の内装でとても私の好みです。
  3. シックなファッションに似合うヘアアレンジを考える。
  4. 今日はシックなデザインのトップスを取り入れたコーディネートできめてみました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ