ベーシックとは?意味や使い方を解説

ベーシック・インカム、ベーシックな色、ベーシックなファッションなど「ベーシック」という言葉はいろいろな言葉で使われています。ベーシックの意味を解説します。あわせて類語、スタンダートとの違いなどをご紹介します。

目次

  1. ベーシック
  2. ベーシックの意味とは?
  3. ベーシックの類語は?
  4. ベーシックとスタンダードの違い
  5. ベーシックを使った文章・使い方

ベーシック

みなさんは「ベーシック」という言葉を普段使いますでしょうか?

中々日常会話でベーシックを使う機会はないかもしれないですね。ビジネス上では時々登場しますでしょうか。

またベーシックを使った言葉も多く「ベーシックインカム」やプログラミング言語でも「Basic」、たばこのブランドでもベーシックがありますね。

このベーシックの意味について今回解説していきます。

ベーシックの意味とは?

ベーシックはもちろん英語から来ていて、英語のBasicは「基本」「根本」「初歩的」などを意味します。

つまり

  • ベーシックな内容(基本的な内容)
  • ベーシックスキル(基礎スキル)
のような意味合いになります。

ベーシックの類語は?

ベーシックの類語は

  • 基本的
  • 本質的
  • 根本的
などの言葉になります。英語だと
  • introductory
  • canonical
などになります。

ベーシックとスタンダードの違い

ベーシックと似た言葉にスタンダートという言葉はよく混同されますが、スタンダートは「標準の」「標準的」のような意味となり、「基礎」「初歩」などを意味するベーシックとは違う意味になります。

ベーシックを使った文章・使い方

  1. ベーシックインカム
  2. ベーシックなファッション
  3. ベーシックな色

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ