「ビッチ」とは?意味や使い方を解説!

「ビッチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ビッチ」について解説します。

目次

  1. ビッチ
  2. ビッチの意味とは
  3. ビッチを使った文章・例文

ビッチ

ビッチ」という言葉は、最近若者の間でよく聞くようになった言葉です。「チャラい」などと近い意味で使われることもあり、かなり意味の幅が広いですね。

元々は英語のスラングからきている言葉ですが、日本では独特のニュアンスで使われていることもあり、もともとの意味は知らない人が多いかもしれません。外国では、使い方を間違えるとトラブルに巻き込まれかねない悪い言葉にもなるので、注意が必要です。

この記事では、「ビッチ」の意味や使い方を解説します。

ビッチの意味とは

「ビッチ」は英語でbitchと綴り、もともとの意味は「雌犬」です。そこから転じて、「尻軽、あばずれ」などの意味を持つスラングになりました。

元々の意味が雌犬なので、女性に対しての悪口として使われる言葉です。日本では「尻軽、あばずれ」の意味が強調されて使われていますが、英語ではもう少し使う場面が広いと言えます。

英語では、Son of a bitch という使い方もあります。これは男に対しても使う悪口で、相当強く罵る言葉です。Son of a bitchは非常に強い言葉のため、海外で安易に使うとトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

最近では「清楚ビッチ」という、清楚に見えて実はビッチな女子のジャンル分けもあります。「清楚ビッチ」はギャルなど今までのビッチ像とは違いますね。

ビッチを使った文章・例文

  1. ビッチな女性は、男友達が多い気がする。
  2. 彼女が実はビッチなことを知ってショックを受けた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ