「トレードマーク」とは?意味や使い方を解説!

「トレードマーク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「トレードマーク」について解説します。

目次

  1. トレードマーク
  2. トレードマークの意味とは
  3. トレードマークを使った文章・例文

トレードマーク

トレードマーク」は日常会話の中でよく使う言葉です。石田純一の裸足にローファー、中尾彬の首のネジネジなど、芸能人は他の人と差別化するために特徴的な外見をトレードマークにしている人も多いですね。

「トレードマーク」は何気なく使われている言葉ですが、もともとの意味を知っている人は少ないかもしれません。よく使う言葉なので意味を知って正しく使いたいですね。

この記事では、「トレードマーク」の意味や使い方を解説します。

トレードマークの意味とは

「トレードマーク」は英語で綴ると「trademark」です。

「トレードマーク(trademark)」の意味は「登録商標」「ある人を特徴づける独自の外見」です。商標の使い方はあまりなじみがないものですが、普段から使っているトレードマークの意味を考えると「会社を特徴づけるもの」としての登録商標の使い方も納得できますね。

日常的に使うのは2つめの意味です。特徴的な外見の人に対して「彼のトレードマークは・・・」という会話はよくされますね。最近では多様なファッションが生まれているので、昔ならトレードマークと言われたものでも一般的になってきています。そして、より奇抜なファッションを志向する人も増えてきていますね。
 

>

トレードマークを使った文章・例文

  1. 長いあごひげと長髪が彼のトレードマークだったが、失恋をきっかけにバッサリと切って普通の人になってしまった。
  2. 取引先に顔を覚えてもらいたいのならば、何かトレードマークを作っておくのも有効だよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ