「ヘイトスピーチ」とは?意味や使い方を解説!

「ヘイトスピーチ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ヘイトスピーチ」について解説します。

目次

  1. ヘイトスピーチ
  2. ヘイトスピーチの意味とは
  3. ヘイトスピーチを使った文章・例文

ヘイトスピーチ

ヘイトスピーチ」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ヘイトスピーチ」という言葉は、ニュースや記事の中などで目にしたことがある方が多いのではないでしょうか。

憎悪表現と言われ、深刻な問題を孕んだ言葉なので、安易に使わないよう注意したいところです。

なんとなくこんな意味だろうと想像して使っている方もいるかもしれませんが、デリケートな言葉ほど慎重に使う必要があるので、この機会に「ヘイトスピーチ」について深く理解していきましょう。

ヘイトスピーチの意味とは

ヘイトスピーチ(hate speech)とは狭義では、「特定の個人や集団の人種や民族、出身国、宗教、性別や性的指向、障害や容姿といった自分自身では変え難い事柄に対して、攻撃をしたり侮辱したりする行為。」という意味になります。

広義では、「特定の個人や集団の職業や文化、収入や学歴といった事柄に基づき、脅迫したり攻撃したりする行為。」という意味になります。

憎悪に基づいた差別的な言動で、インターネット上で匿名化され、この「ヘイトスピーチ」が行われることが多いです。

この「ヘイトスピーチ」を行う目的は、自分の意見を通すことであり、反対意見には耳を貸さず相互理解を高めようという働きを無にする不毛で有害的な行為とされています。

ヘイト(hate)とは、英語で「憎悪」という意味になります。

>

ヘイトスピーチを使った文章・例文

  1. 特定の人種の悪口をインターネット上に匿名で書き込むヘイトスピーチは見ていて悲しくなる。
  2. 自分の理解が及ばない分野の人に対して悪口を言って排除しようとヘイトスピーチをする人とは関わりたくない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ