「マージン」とは?意味や使い方を解説!

「マージン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マージン」について解説します。

目次

  1. マージン
  2. マージンの意味とは
  3. マージンを使った文章・例文

マージン

皆さんは「マージン」という言葉をご存知でしょうか。
ビジネスでよく聞く言葉だと思いますが、どんな使い方をするのが正しいのか正確に分かっている方はあまり多くないと思われます。

今回は「マージン」という言葉について、意味や使い方などを詳しく解説します。

マージンの意味とは

マージンとは「余白。商売上の利ざや。粗利益。手数料。」などの意味があります。

印刷物などにある上下左右の余白や、レイアウト上必要性を持って設けられた余白のことを「マージン」といいます。
これは段落や記事のまとまりなどが見た目に分かりやすくするため、印刷時に多少のずれが起きても余裕があるようになどの理由から設けられています。

ビジネス用語における「マージン」は、売上高から原価を引いた差額のことをいいます。代理店などの中間業者が関わっていると彼らの取り分も必要になってくるので、マージンの金額も大きくなります。
売上高に対するマージンの割合「マージン〇%」などのように表記されることが多いです。

また、メーカーや問屋が商品の価格を販売後に値下げし、差額分を販売店に支払うことを「バックマージン」といいます。
バックマージンは販売促進のため、相場の変動により問屋が大損した時など、さまざまな理由で行われるリベートの一種です。違法かどうかなどを含めた詳細な仕組みについてはケースバイケースです。

>

マージンを使った文章・例文

  1. この商品は高いけど、マージン何パーセントなんだろう。
  2. 書類のレイアウトを考えているんだけど、マージンをどのくらいとるべきかな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ