「浅はか」とは?意味や使い方を解説!

「浅はか」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「浅はか」について解説します。

目次

  1. 浅はか
  2. 浅はかの意味とは
  3. 浅はかの使い方・例文

浅はか

皆さん一度は「浅はか」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

自分の言動を振り返って「浅はかだったなあ」と反省することばかりなのは、私だけではないはずです。
当然「あさはか」と読むことも分かりますね。

「浅はかな行動」「浅はかな関係」などの使い方をする言葉ですが、具体的にどういった意味の言葉か説明できるでしょうか。

今回は「浅はか」という言葉について詳しく解説します。

浅はかの意味とは

>

浅はかとは「思慮の足りないさま。深みがなく、あっさりした様子」という意味で、読み方は「あさはか」です。

続いて「浅はか」の類語を挙げていきましょう。「浅慮」「軽率」「短慮」「浅薄」など多数あります。
「浅」「軽」「短」「薄」などの漢字が使われていますね。類語に使われている漢字の傾向がかなり似通っているので、「浅はか」という言葉が持つ意味のイメージがはっきり見えてきます。
それぞれの意味や使い方について、次の項目で触れていきましょう。

浅はかの類語

それでは、浅はかという言葉の類語について解説しましょう。
「何が」浅はかであるかによって、類語の種類が変わってきます。

「浅慮」は、一語で「浅はかな考え」という意味になります。

「軽率」は言動を指すことで「浅はかな行動」という意味になる言葉です。

「短慮」「浅薄」も同様に「浅はかな考え」という意味ですが、「知識が浅い」という意味も持っています。
思考したことに対してつくならば「浅はかな考え」、行動に対してなら「浅はかな行動」と、両方の使い方をすることができます。

浅はかの使い方・例文

  1. 彼女にあんなことを言ってしまうなんて、君は浅はかだったよ。
  2. あの人はいろんな異性の元を渡り歩いている。浅はかな関係しか結べない人だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ