「プリセット」とは?意味や使い方を解説!

「プリセット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プリセット」について解説します。

目次

  1. プリセット
  2. プリセットの意味とは
  3. プリセットの使い方・例文

プリセット

プリセット」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「プリセット」という言葉は、カメラの設定や音楽の分野で使われます。

よく「設定をプリセットしておく。」といった使い方をします。

専門性の高い言葉なので、カメラや音楽に詳しくない方は耳馴染みがないかもしれません。

英語では「preset」と書きます。

専門性の高い言葉ですが、知っておくと便利なので、この機会に「プリセット」について詳しく知っていきましょう。

プリセットの意味とは

>

プリセット(preset)とは「前もってセットをすること。予め用意しておくこと。」という意味になります。

このプリセットという言葉は、デジタルカメラや音楽の分野など、専門性の高い領域で使われることが多いです。

例えば、デジタルカメラでは「ホワイトバランスを撮影光源の色温度に合うように、カメラの設定に晴天やフラッシュなどの複数のモードを準備しておくこと。」などを指します。

また、音楽の分野では、「楽器の音色や機材の動作の状況などを前もって設定しておくこと。例えば、キーボードのトーンやセレクター、エフェクターのスイッチやモードなどを設定しておくこと。」などを指します。

プリセットの使い方・例文

  1. 撮影に入る前に、自然の背景に合わせてデジタルカメラの設定をプリセットしておく。
  2. コンサートの前にはキーボードのプリセットを忘れずにしておかなければいけない。
  3. 演奏する楽器をプリセットしておくことで、操作が簡単になりパフォーマンスが上がる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ