「イノベーション」とは?意味や使い方を解説!

「イノベーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「イノベーション」についてわかりやすく解説します。

目次

  1. イノベーション
  2. イノベーションの意味とは
  3. イノベーションの使い方・例文

イノベーション

イノベーション」という言葉をご存知でしょうか?

ビジネスでは、日々新しい言葉が更新されていきますが、よく聞くけれどイマイチピンと来ないカタカナ語の代表といえばこの「イノベーション」ではないでしょうか。

今回は「イノベーション」についてわかりやすく解説します。

イノベーションの意味とは

>

「イノベーション」とは、英語で「innovation・革新」という意味の外来語です。

特に日本では、技術革新を指して「イノベーション」と呼ぶことが多いようです。
しかし、本来の「innovation」には革新以上の意味はないため、正確には「technical innovation(テクニカルイノベーション)」または「technological innovation(テクノロジカルイノベーション)」が、技術革新の本来の意味に近いようです。

では「革新」をわかりやすくいうと、「今までになかった新しいモノ・コト、またはサービスを創り出す」という意味になります。

技術革新とは、新しい画期的な技術によって世の中が変わることです。携帯電話の普及がそのいい例です。
イノベーションは、技術に限ったことではなく、物事の新しい捉え方や新しい価値観の創造なども含まれます。例えばファストファッションは、それまでのアパレル業界の常識を一新しました。

「イノベーションを起こす」とは、そうした新しい価値の創造のことです。

「リノベーション」とは

「イノベーション」と似た響きを持つ言葉に「リノベーション(renovation)」という言葉があります。
意味は全然違って、リノベーションとは、建物の大規模改修のことです。

イノベーションの使い方・例文

1.イノベーションを起こすには、発想の転換が大事だ。
2.インスタントラーメンの誕生は、まさに食のイノベーションだった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ