「ジーニアス」とは?意味や使い方を解説!

「ジーニアス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジーニアス」について解説します。

目次

  1. ジーニアス
  2. ジーニアスの意味とは
  3. ジーニアスの使い方・例文

ジーニアス

ジーニアス」という言葉をご存知でしょうか?
あまり耳馴染みの少ない言葉ですが、もしかしたら英和辞典や塾の名前で憶えてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんね。
では、いったいどういう意味なのでしょうか。
今回は「ジーニアス」について解説します。

ジーニアスの意味とは

「ジーニアス」とは、英語で「genius・天才」という意味の外来語です。
「genius」の語源は、ラテン語で「genius(ゲニウス)」といい「守護神」という意味からきています。

>

「genius」の類語・反対語

英語の「genius」の類語は「intelligent person(インテリジェントパーソン)」といい、「秀才」という意味になります。「脳」という意味の単語「brain(ブレイン)」にも、賢いとか秀才といった意味があります。
また、天性の才能という意味では「gift(ギフト)」などとも表現されます。
反対語は「idiot(イディオット)」、「馬鹿」とか「愚か」という意味です。

「ジーニアス」の類語

「ジーニアス」の類語には以下のようなものが挙げられます。

・天才(てんさい)
 【例文】20世紀の天才といえば、アインシュタインをおいて他にいないだろう。
・天賦の才(てんぷのさい)
 【例文】モーツァルトには、音楽に関して天賦の才があった。
・神童(しんどう)
 【例文】幼いころは神童ともてはやされた俺だが、今では立派な自宅警備員だ。
・逸材(いつざい)
 【例文】こんな田舎にこれほどの逸材が埋もれていたとは驚きだ。

ジーニアスの使い方・例文

1.レオナルド・ダヴィンチは、まさにジーニアスというに相応しい。
2.アメリカでは、ジーニアスな子供に対する飛び級制度が存在する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ