「悲恋」とは?意味を解説します!

「悲恋」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「悲恋」について解説します。

目次

  1. 悲恋
  2. 悲恋の意味とは

悲恋

皆さんは、「悲恋(ひれん)」という言葉をご存知でしょうか。

小説や映画などのアオリによく使われている言葉なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「悲恋」の意味を解説させていただきます。

悲恋の意味とは

>

「悲恋(ひれん)」とは、「実らずに終わる恋」や「悲しい程に相手を想う恋」という意味です。

悲恋をテーマにした代表的な作品は、「人魚姫」や「ロミオとジュリエット」などが挙げられます。

実らずに終わる恋と言っても、フラれて終わる失恋とは違いお互いの身分の違いや周囲の環境などにより、相思相愛だったにも関わらず実らなかった来いを悲恋と言います。

片思いで終わってしまうものは、悲恋ではなく失恋です。

相思相愛と言っても、必ずしも幸せな結末ではありません。

恋人の死によって終わる悲恋もあれば、周囲の人間が許さなかったが故の悲恋を迎えることもあります。
悲恋をテーマにしたフィクションに多いのは、カップルの片一方が死を迎えることによるものです。

悲恋の対義語

悲恋の対義語は、現代ではほとんど使いません。意味としては幸せな結末を迎える恋ですが、現代日本にはそれを表す言葉がほとんどありません。
「諸恋(もろこい)」や「得恋(とくれん)」という言葉が対義語に挙げられることもありますが、これらの言葉を使うことは滅多にありません。
諸恋とは互いに思い合い成就する恋のことを言います。
得恋は恋愛が成就することを言い、失恋の対義語でもあります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ