「今日日」とは?意味や使い方を解説!

「今日日」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「今日日」について解説します。

目次

  1. 今日日
  2. 今日日の意味とは
  3. 今日日の類語
  4. 今日日を使った文章・例文

今日日

今日日(きょうび)」という言葉は、日常会話の中で聞く機会は少なくなった言葉ですが、今でも好んで使う人もいますし、テレビやラジオなどで聞くこともあります。

使われる機会が減っているため、その意味や使い方が分からない人も多いと思います。この機会に正しい意味を知って、正しく使えるようにしてくださいね。会話の中でうまく織り交ぜていくと、日本語の深みを加えられる言葉でもありますよ。

この記事では、「今日日」の意味や類語、使い方、読み方などを解説します。

今日日の意味とは

「今日日」の読み方は「きょうび」です。

「今日日」の意味は「きょうこの頃」「今時」などです。このご時世にといったような使い方もできますね。

例えば、「今日日ポケベルを使っている人はさすがにいない」などと使って、過去の流行などを懐かしむ使い方をすることもできるでしょう。また、「今日日珍しい人情深い若者だ」などと、一昔前と比較するような形で使うこともできます。

今時やきょうこの頃と言ってもほぼ同じ意味になりますが、今日日を使った方が日本語としての美しさが感じられるかもしれないですね。

>

今日日の類語

「今日日」の類語には「近頃」などがあります。

今日日を使った文章・例文

  1. 今日日ルーズソックスを履いている高校生がいるわけないと思っていたが、たまに見かけるのでもしかしたら再ブームがきているのかもしれない。
  2. 今日日引っ越したとしても周りの家に挨拶にいく若者は少ないだろう。それだけに隣の若者がしっかり挨拶にきてくれた時にはちょっとうれしかった。近頃の若者も捨てたもんじゃない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ