「旨」とは?意味や使い方を解説!

「旨」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「旨」について解説します。

目次

  1. 旨の意味とは
  2. 旨の使い方・例文

皆さんは「旨(むね)」という言葉をご存知でしょうか。

書類や手紙などで「その旨をご了承くださいますよう…」というような文章を見たこともあるでしょう。

そこから「旨」という字は「むね」と読むことは知っているかと思いますが、具体的な意味や使い方はお分かりでしょうか?

今回は「旨」という言葉について詳しく解説します。

旨の意味とは

>

旨とは「中心とすること。主とすること。物事のおもむき。意味。内容。」という意味です。

読み方は、音読みで「し」、訓読みで「むね」です。

また、「旨い」と書いて「うまい」という読み方もあります。こちらは「おいしい、喜ばしい」という意味です。

要は、ある物事の「核」となるような事柄を指す言葉です。
ビジネスの手紙などでよく見かける「その旨、ご了承ください」という文言も、その直前までの文章の要点を理解し了承してくださいという意味です。

「旨」を使った熟語で使い分けの難しいものに「主旨」と「趣旨」があります。

「主旨」は「考えや文章などの中心となる事柄」という意味です。「主題」と言い換えることができる場合もあります。

「趣旨」は「何かを行う際の目的、元となる考え」という意味です。「このイベントの趣旨は環境保護を訴えることです」などというように使います。

旨の使い方・例文

  1. その旨を先方によろしくお伝えくださいますよう、よろしくお願いいたします。
  2. この度の会議に出席の旨、了解いたしました。主催に連絡しておきますので、ぜひおいでください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ