「幸甚」とは?意味や使い方を解説!

「幸甚」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「幸甚」について解説します。

目次

  1. 幸甚
  2. 幸甚の意味とは
  3. 幸甚の使い方・例文

幸甚

幸甚」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「こうじん」となります。

もともとは手紙の中で用いることが多かった言葉ですが、最近ではビジネスメールの中で多く用いられています。

「~していただけると幸甚でございます。」といった使い方をします。

また、同じ意味合いで使用できる言葉に「幸いです。」があります。

この機会に「幸甚」について詳しく知っていきましょう。

幸甚の意味とは

幸甚とは「この上ない幸せ。大変ありがたいこと。最上級の幸せ。幸せの極み。また、その様子。」という意味を持つ言葉です。

「幸甚」という言葉を分けて解説すると、幸は「幸い。幸福。」という意味を持ちます。

甚は「尋常を超えている。甚だしい。」といった意味を持つ言葉です。

読み方は「こうじん」となります。

この「幸甚」という言葉は、もともと手紙の中で多く用いられていましたが、最近ではビジネスメールの中で用いられることが多いです。

ビジネスメールの中で、先方に要望を伝える際や相手に感謝を伝える際などに使用します。

使い方としては「御社の見解をお聞かせ頂けると幸甚に存じます。」や「身に余るお言葉を頂戴し幸甚の至りでございます。」といった表現が一般的です。

また、幸甚と同じ意味合いで使用できる言葉に「幸い」があります。

こちらも「御社の見解をお聞かせ頂けると幸いです。」といったように、幸甚と同じ使い方ができるので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

幸甚の使い方・例文

  1. そのような有難いお言葉を頂戴し、幸甚の至りでございます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ