「ユーティリティ」とは?意味や使い方を解説!

サッカーやゴルフなどにおいて「ユーティリティ」という言葉を聞くことがあると思います。解説や実況の人が口にする「ユーティリティ」という言葉について解説していきます。

目次

  1. ユーティリティ
  2. ユーティリティとは
  3. ユーティリティの使い方・例文

ユーティリティ

ゴルフやサッカーの試合中継を見ていると解説の人などが「ユーティリティ」という言葉を耳にするかと思います。

また、工場などでもユーティリティは使われています。

スポーツに詳しい方や工場関係者の方はユーティリティについて理解していると思います。しかし、「ユーティリティ」という言葉はスポーツに詳しくない人や工場関係者ではない方にはピンとこない言葉かと思います。

この記事では、そんな「ユーティリティ」について解説していきます。

ユーティリティとは

ユーティリティは、英語で「utility」と表し「有益」「役に立つ」という意味を表します。

主に、サッカーなどのスポーツやゴルフや工場などで使われる言葉でよく使われます。

スポーツにおけるユーティリティ

スポーツにおけて、いくつものポジションをこなせる選手のことを「ユーティリティプレイヤー」ということがあります。

ユーティリティプレイヤーがいると試合中に戦術やポジションを変更できるので戦術の幅が広がります。

しかし、どのポジションを中途半端になってしまうと器用貧乏と言われてしまいます。

ゴルフにおけるユーティリティ

ゴルフにおいては、クラブの種類で「アイアンとフェアウェイウッドの間のクラブのこと」を表します。

工場におけるユーティリティ

工場においては「工場を補助する設備のこと」を「ユーティリティ設備」と言うことがあります。

電気などの動力源や機械を熱くさせないようにする空調などのことの表すようです。

ユーティリティの使い方・例文

  1. 相手の4番はユーティリティプレイヤーなのでポジションをよく変えるので注意しておこう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ