「スキップ」とは?意味や使い方を解説!

「スキップ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「スキップ」について解説します。

目次

  1. スキップ
  2. スキップ(skip)の意味とは
  3. スキップを使った文章・例文

スキップ

スキップ」という言葉について解説します。

「スキップ下手くそ選手権」「そこはスキップしちゃっても大丈夫」といった感じで使われるこの言葉。

みなさんも日常の中で度々見聞きしたことがあると思います。

意味も大体知っているとは思いますが、今一度ここで整理してみるのはいかがでしょうか。

ここでは、スキップの意味や使い方などを詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、おさらいしてみてください。

スキップ(skip)の意味とは

スキップ(英・skip)とは

  1. 片足で2歩ずつ交互に軽く跳ねるように飛びながら進むこと。
  2. 飛ばすこと。ある箇所を飛ばして先へ進むこと。
  3. カーリングでキャプテンのこと。
といった意味の言葉となっています。

英語のskipには、本来「跳ねる」「跳ぶ」といった意味があり、このことからカタカナ語として1、2の意味を持つようになったと言われています。

ということで、スキップしちゃっても大丈夫。と言った場合、「飛ばして先へ進んでも大丈夫」という意味になることが分かると思います。

>

スキップを使った文章・例文

  • どれほど嬉しいことがあったのか分からないが、跳ぶようにスキップしている子供を見かけて、心が和んだ。
  • 好きな曲までスキップするのが面倒なので、好きな曲だけをリピートして聞いている。
  • 初期のCMスキップ機能付きビデオは、番組本編も削って録画してしまったり、CMが録画されたりということがよくあった。
  • カーリング女子日本代表のスキップは可愛らしい笑顔で、外国でも人気となった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ