「白日」の意味とは?意味や使い方を解説!

「白日」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「白日」について解説します。

目次

  1. 白日
  2. 白日の意味とは
  3. 白日を使った文章・例

白日

白日」という言葉について解説します。

白日と言えば、2019年に大ヒットとなったKing Gnuの曲名「白日」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ここで紹介するのは純粋に言葉としての「白日」です。

「白日のもとにさらす」なんて使い方をされるこの言葉ですが、みなさんは白日の意味をきちんとご存じでしょうか。

ここでは、知っていそうで実はあまりよく知らない言葉の一つかもしれない、そんな「白日」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

白日の意味とは

>

白日とは

  1. 照り輝く太陽
  2. 真昼、白昼
  3. 身が潔白であることのたとえ
といった意味の言葉となっています。

意味を見てみると意外な発見があったのではないでしょうか。

白日は照り輝く太陽そのものを指す言葉であり、そんな太陽に照らされている真昼、白昼も指す言葉ともなっていると言えます。

また、身が潔白であることのたとえ。ということで、真っ白であるという意味も含んでいます。3の意味で使う場合は「青天白日の身」という言い回しがあり、一転のくもりもなく潔白である。という意味になります。

ちなみに、先述したKing Gnuの白日というタイトルは3の意味合いでつけられているのではないかとファンの間では言われているようです。

白日を使った文章・例

  • うつらうつらと白日の夢の中で、君の笑顔を思い出した。
  • 白日のもとにさらされた真実の前では、どのような言い逃れもできない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ