「模造」の意味とは?意味や使い方を解説!

「模造」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「模造」について解説します。

目次

  1. 模造
  2. 模造の意味とは
  3. 模造を使った文章・例

模造

皆さんは「模造」という言葉をご存知でしょうか。

美術品などに興味のある方には、なじみ深い言葉ではないかと思われます。

今回は「模造」という言葉について詳しく解説します。

模造の意味とは

模造とは「本物に似せて作ること」という意味です。
読み方は「もぞう」です。

本物に似せて作ったものを指す言葉「模造品」、特にそのような刀を指す「模造刀」などの言葉などがよく使われています。

また、「模造紙」というものもありますが、この名前はもともと和紙の一種を真似て作られた紙だったことに由来します。
現在は製法に改良が重ねられ「模造」ではなくなっていますが、名前だけが変わらず「模造紙」と呼ばれているのです。

「贋作」や「偽物」と「模造品」の違いは、本物と誤認させる意図があるかどうかです。
「模造品」は本物に似ているだけの別物であり、たとえば模造刀は本物の刀と違って実際に切ることはできません。

本物ではないものを本物に似せる意図は、たとえば本物の製造には材料や製法にコストがかかるが「模造品」なら低コストで作れる、本物は規制の対象になるが「模造品」は問題なく所有できるなどです。

本物の刀は殺傷力が高いため所持するのに様々な条件を満たさなければなりませんが、「模造刀」にその問題はありません。
また名刀や希少な刀を所持することは大変難しいですが、それらに似せる形で作られた「模造刀」を手に入れればその雰囲気を味わうことができるのです。

>

模造を使った文章・例

  1. 展示室に並んだ歴史的遺産の数々は、精巧につくられた模造品だった。
  2. 有名な美術品にまつわるドラマの撮影が行われ、絵画や彫刻を模造したものが用意された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ