「献金」の意味とは?意味や使い方を解説!

「献金」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「献金」について解説します。

目次

  1. 献金
  2. 献金の意味とは
  3. 献金を使った文章・例

献金

皆さんは「献金」という言葉をご存知でしょうか。

テレビや新聞などのニュースで見ることが多い言葉のため、知っているという方は多いのではないかと思われます。
しかしそういった場面でばかり見るせいで、悪いイメージがついてしまっている言葉でもあります。

今回は「献金」という言葉について詳しく解説します。

献金の意味とは

献金とは「ある目的に使ってもらうために金銭を提供すること。また、その金銭。」という意味です。
読み方は「けんきん」です。

よく政治関係の事件を報じるニュースの中に出てくる言葉であり、政治家が特定の個人や企業から違法な「献金」を受けたとして報道されることが多いです。
そのイメージから「賄賂」のようなものとして認識されていることが多い「献金」ですが、この言葉そのものに悪い意味はありません。難病患者を支援する医療団体などの活動資金を提供するなどの行動も「献金」です。

「募金」や「寄付」なども似たような意味の言葉です。

「募金」は「募る」という漢字が使われていることから分かる通り、能動的に金銭を集めることを言います。身近な例として街頭募金がありますが、これは募金目的に賛同や応援の気持ちを持つ人に呼びかけて金銭を提供してもらうという形態です。

「寄付」は、提供者の方から提供することを言ったものです。
また提供物は金銭とは限らず、建物や設備などの現物を送る場合にも使います。

>

献金を使った文章・例

  1. 知り合いは、家族が宗教団体へ献金していることで悩んでいるという。
  2. ある企業から政治家へ多額の献金が行われていたことが話題になっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ