「寡黙」の意味とは?意味や使い方を解説!

「寡黙」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「寡黙」について解説します。

目次

  1. 寡黙
  2. 寡黙の意味とは
  3. 寡黙を使った文章・例

寡黙

寡黙(読み方:かもく)】という言葉について解説します。

皆さんこの言葉見聞きした事はあるでしょうか?

口数が少ない、静かなどのイメージが強いこの言葉。個人的には、頑固なイメージもあったりします。

頻繁に使用する言葉ではないかもしれませんが、皆さんはどんなイメージがあるでしょうか?

見聞きした事があるひとも、意味を知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな寡黙という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

寡黙の意味とは

寡黙(読み方:かもく)とは『口数が少なく、静かな事。おしゃべりではないことを指す。』という意味の言葉となっています。

あながち口数が少ないというのは、間違っていませんでしたね。

頑固者のイメージがありましたが、それは意味には含まれていませんでした。

静かで、口数が少なく、黙々と何かをこなす人を、頑固だと、勝手にイメージがついていたのかもしれません。

この意味を知ると、皆さんの頭の中にも『あ~、あの人は寡黙な人なんだなぁ~。』とイメージ涌く方がいかもしれません。

お話上手、周りを明るくできる人も良いですが、時には静かで、口数少ない人がそばにいると安心する事もあります。

もしかしたら、これを読んでるあなたが、周りに寡黙な人と思われているかもしれません。

>

寡黙を使った文章・例

・真っ先に駆けつけ、手当をしてくれたのは普段は寡黙な上司だった。
・お父さんの寡黙な背中は、いつも優しさも感じさせてくれる背中だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ