「諮問」の意味とは?意味や使い方を解説!

「諮問」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「諮問」について解説します。

目次

  1. 諮問
  2. 諮問の意味とは
  3. 諮問を使った文章・例

諮問

諮問(読み方:しもん)】という意味の言葉となっています。

皆さんこの言葉は見聞きした事があるでしょうか?あまり聞き慣れないこの言葉ですが、どうでしょうか?

個人的には、あまり聞いた事がなく、聞き慣れない言葉になります。

もしかすると、諮問委員会などという言葉は、見聞きs他事がある方はいらっしゃるかもしれません。

知っている人も、知らない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな諮問という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

諮問の意味とは

諮問(読み方:しもん)とは『有識者(学問や識見のある人、広く物事を知っている人)に意見を求めること。』という意味の言葉となっています。

・・・難しい。超絶簡単に言うと、詳しい人に話を聞くような意味です。

現在、巷を騒がせている新型コロナウィルスや、震度5以上の地震など、専門家など詳しい人じゃないと、何がどうなっているのか、わかりませんよね?

ニュースなどでも、専門家や教授や学者に意見を求める場面や、電話で問い合わせる場面がありますが、そのような問い合わせなども、諮問に当てはまるようです。

見慣れている風景の中でも、知らない言葉や、聞き慣れない用語が沢山あって、日々驚きの連続です!

専門家などに意見を求める場面があったら、それは諮問かもしれません。
 

>

諮問を使った文章・例

・今回の件に関して、諮問委員会に意見を求めることになった。
・現在急激に感染者を増やしている、新型コロナウィルスについて諮問する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ