「進物」の意味とは?意味や使い方を解説!

「進物」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「進物」について解説します。

目次

  1. 進物
  2. 進物の意味とは
  3. 進物を使った文章・例

進物

進物(読み方:しんもつ)】という言葉について解説します。

皆さん、この言葉見聞きした事はあるでしょうか?あまり頻繁に使用する言葉ではないかもしれませんね。

品物を差し上げるイメージや挨拶で品物を差し上げるイメージなのですが、本当の意味はなんなのでしょうか?

見聞きした事がある人も、そうじゃない人も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな進物という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

進物の意味とは

進物(読み方:しんもつ)とは『差し上げるもの、贈り物、おつかいもの、特別な贈り物。』という意味の言葉となっています。

どうでしょう、皆さん意味合いはご存知でしたか?

皆さんの身近で使用する事があるとすると、目下の者から上司へ挨拶のための贈り物や、立場関係なく大切にしたい相手や、歳暮、慶事等、慣例の挨拶として贈る品のことを意味します。

お歳暮であれば、皆さん1度は戴いたり、お送りしたり、贈ろうとしたことはあるかと思います。

その品を進物と呼ぶのです。

なんだか、進物というととても神々しい感じがするのは私だけでしょうか?

けれど、大切な人もさることながら、大切な人に贈る物もまた、特別な思いが詰まったものなので、神々しくても引けは取らないはずです!

>

進物を使った文章・例

・今年入社し、何度も私を助けてくれた部下に、進物を贈った。
・取引先に、これからも長く付き合っていただけるよう進物を届けた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ