「催促」とは?意味や使い方を解説します!

「催促」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「催促」について解説します。

目次

  1. 催促
  2. 催促の意味とは
  3. 催促の使い方・例文

催促

皆さんは「催促」という言葉をご存知でしょうか。

「さいそく」と読む言葉で、締め切りが存在する、あるいは具体的な期限はなくとも早く完了してほしい何らかの物事を抱えている相手に対して「急いでください」と伝える行為を指します。
たとえば仕事の作業や持ってきてほしいものがあったり、質問に対する返答を求めるなど、さまざまな状況で使う言葉です。

催促の意味とは

>

催促とは「物事を早く済ませるように要求すること。急かすこと。」という意味です。
読み方は「さいそく」です。

類語に「督促」「催告」などがあります。

「督促」の読み方は「とくそく」です。意味は「約束や義務を果たすように促すこと」です。
日常で見る用例としては、借金の返済を促す書状である「督促状」があります。
「督促」を使えるのはきっちりした契約や約束事がある場合で、決め事の許す範囲内においてのみです。
他方「催促」は上述した通り事前に具体的な期限を決めていなくても使えるので、「督促」よりも幅広い状況で使うことができます。

「催告」は「さいこく」と読みます。意味は「相手に一定の行為を行うよう要求すること」です。
こちらも借金返済を迫る「催告状」という形で使われていますが「督促状」より「催告状」の方が送り主の意志が強く、履行されない場合は法的制裁を行う可能性もあることを意味しているようです。

催促の使い方・例文

  1. みんなで出かける予定を決めることになっていて、空いている日を主催へ伝えるよう催促があった。
  2. 納期が迫っている仕事の委託先に催促の連絡をすることになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ