「ちょちょぎれる」とは?意味や使い方を解説します!

「ちょちょぎれる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ちょちょぎれる」について解説します。

目次

  1. ちょちょぎれる
  2. ちょちょぎれるの意味とは
  3. ちょちょぎれるの使い方・例文

ちょちょぎれる

皆さんは「ちょちょぎれる」という言葉をご存知でしょうか。

関西の方言が由来で、ある特定の状況でのみ使う言葉です。

今回は「ちょちょぎれる」という言葉について詳しく解説します。

ちょちょぎれるの意味とは

>

ちょちょぎれるとは、「涙」に続けて使い「涙がちょちょぎれる」という形にすることで「涙が出てくる、涙があふれてくる、涙が止まらない」という意味になる言葉です。

「涙ちょちょぎれる」以外ではほぼ使わない言葉です。
「チョチョ切れる」などのようにカタカナや漢字交じりで書かれたり、「ちょちょぎれ」という表記でも使われたりします。

「ちょちょぎれる」は関西圏の方言が語源だと言われています。
「涙があふれて止まらない」という様子を茶化した言い方であり、実際に泣いているが人が言うよりは、「(これから)泣けてしまうよ」という意味で使われることが多い言葉です。

「ちょちょぎれる」を使う人の心情としては、泣いている人や今にも泣きそうな人を茶化すことで雰囲気を軽くする意図があることが多いです。
そのため、ビジネスシーンなどのフォーマルな場面で使うことは避けるべき言葉です。
またその場の状況次第で場違いな雰囲気にしてしまいかねない言葉でもあるため、使いどころには十分注意しなければなりません。
特に、人の生死に関係するような場面などでは絶対に避けるべきでしょう。

ちょちょぎれるの使い方・例文

  1. せっかく出場した大会でいきなり一回戦負けなんて、涙ちょちょぎれだ。
  2. 子育ての苦労話を聞いていると、思わず涙ちょちょぎれるよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ