「受動的」の意味とは?意味や使い方を解説!

「受動的」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「受動的」について解説します。

目次

  1. 受動的
  2. 受動的の意味とは
  3. 受動的を使った文章・例

受動的

受動的」という言葉について解説します。

「受動的な姿勢ではいけない」「受動的に仕事をするな」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

セットになる言葉として「能動的」という言葉も出てくるので併せて覚えている方も多いかもしれません。

一般的にはあまりイメージの良くない言葉となっているかもしれませんが、本当の意味はどうでしょうか。

ということで、ここではそんな「受動的」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

受動的の意味とは

>

受動的とは

  1. 他人など他からの動作や影響、作用に及ぼされる
  2. 自ら動くのではなく、他からの影響により動き始める
  3. 物事の対処が基本的に受け身な姿勢となる。消極的な姿勢。
  4. 積極的ではない活動。
といった意味の言葉となっています。

ということで「受動的な姿勢ではいけない」といった場合は「受け身の態度ではいけない」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

一般的には仕事の場で「指示待ち人間」「言われてからやる人」といった意味で「受動的」という言葉を使うことが多いようです。

とはいえ、職種によっては受動的な性質の仕事、受動的に動く必要がある場面というのもありますので、なんでもかんでも能動的に。とはいかない場合もあるかと思います。

能動的、受動的、いずれも上手く使い分けることが一番よいのかもしれませんね。

受動的を使った文章・例

  • 君はいつまでたっても受動的な仕事しかできないんだねぇ…  うるさ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ