「能動的」の意味とは?意味や使い方を解説!

「能動的」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「能動的」について解説します。

目次

  1. 能動的
  2. 能動的の意味とは
  3. 能動的を使った文章・例

能動的

能動的」という言葉について解説します。

みなさんはこの「能動的」という言葉を見聞きした事があるでしょうか。

一般的に能動的と受動的という言葉が並んで使われることが多い気がします。

「能動的に動いていかないと、受動的ではダメだ」なんて台詞はどこかで聞いたことがあるかもしれません。

なんとなくざっくりとした意味は分かりそうですが、きちんとした意味を把握している。という方は多くないのではないでしょうか。

ということでここではそんな「能動的」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

能動的の意味とは

>

能動的とは

  1. 自ら積極的に働きかける
  2. 自分の方が、他方に影響や作用を与える
  3. 受け身ではない活動。他からの働きの前に、率先して活動などをすること
といった意味を持つ言葉となっています。

ということで「能動的に動いていく」といった場合、「積極的に自分から働きかける」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

なんとなくそれ今っぽく言うと「攻めの姿勢」という事になるでしょうか。

自分から動く、他に先んじる、自らが影響を与えていく。そういった意味を持つのがこの「能動的」という言葉と言えそうです。

とはいえ、能動的に行うというのはなかなか簡単にできるものではないかもしれませんね。疲れちゃうので
 

能動的を使った文章・例

  • 能動的な方が人付き合いが広くなるのは当然かもしれない。
  • 能動的なのは良い事だが、いかんせん飽きっぽい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ