「損耗」の意味とは?意味や使い方を解説!

「損耗」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「損耗」について解説します。

目次

  1. 損耗
  2. 損耗の意味とは
  3. 損耗を使った文章・例

損耗

損耗」という言葉について解説します。

「建物の損耗状態が激しい」「機体の損耗率は数十パーセントにのぼった」といった使い方をするこの言葉。

みなさんは見聞きした事があるでしょうか。

日常生活の中ではなかなか使う機会はないかもしれませんが、仕事など業務用語として登場することは多いかもしれません。

また、契約とか報告書などそういったものにも度々登場するので、この言葉についてきちんとした理解は持っておいた方がいいでしょう。

ということで、ここではそんな「損耗」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

損耗の意味とは

>

損耗とは「使って減ること、失われること。また、減らすこと。消耗」という意味の言葉となっています。

ということで、「建物の損耗状態」といった場合は「建物のすり減り具合」となることが分かるのではないでしょうか。

物を使ったり、経年したりという必然的な作用によって減ること、削られること、その結果失われること含めて損耗と呼びます。

業種によっては専門用語的に使われることも多いですが、オフィスの備品、お部屋を借りて出ていく時などにも損耗状態といった言葉が登場する事がありますので、実は生活にも密接している言葉ともいえるかもしれません。

読み慣れて、使い慣れて、ぜひきちんと整理してみてください。

損耗を使った文章・例

  • ロシア軍の損耗状態は良そうよりもはるかに激しいとも言われている。
  • 長年乗っているにもかかわらず、日本車はあまり損耗しないようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ