「嘲る」の意味とは?意味や使い方を解説!

「嘲る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「嘲る」について解説します。

目次

  1. 嘲る
  2. 嘲る(あざける)の意味とは
  3. 嘲るを使った文章・例

嘲る

嘲る」という言葉について解説します。

この言葉は「あざける」と読みますが、みなさんは見聞きした事があるでしょうか。

漢字からしてあまり良い意味ではなさそうな雰囲気が漂っている気がします。

現代でも時と場合によっては使いますが、似た意味の嘲笑の方が使うことの方が多いかもしれません。

こういうとなんとなく意味も想像つくかと思いますが、ここではそんな「嘲る」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

嘲る(あざける)の意味とは

>

嘲る(読み方・あざける)とは

  1. ばかにして悪く言ったり笑ったりすること
  2. 回りを気にせずに詩歌を吟じる
といった意味の言葉となっています。

まず、2の意味から説明しますと、2は古典で使われている場合の意味となります。

古今物語集などで「たちまちに狂ひて哭きあざける」といった形で使われています。

この使い方は現代ではしないと思いますので、お勉強の一つとして押さえてみてください。

一方、1の意味ですが現代ではこちらの意味で使います。ばかにして笑う、軽蔑するような言動といったことになります。

人のことをばかにして笑う人、軽蔑するようなことをする人、は世の中にいますが、少なくとも自分はそうならないようにしたいですよね。

まぁ、そういった事をする人自身が周囲から一番軽蔑されるということを知らないのかもしれませんが…

嘲るを使った文章・例

  • 新人の失敗を嘲るような先輩は我が社にはいらない。
  • 人のことを嘲る人は、まわりまわって自分に返ってくるということを知らない

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ