「腹心の友」の意味とは?意味や使い方を解説!

「腹心の友」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「腹心の友」について解説します。

目次

  1. 腹心の友
  2. 腹心の友の意味とは
  3. 腹心の友を使った文章・例

腹心の友

腹心の友」という言葉について解説します。

みなさんはこの「腹心の友」という言葉を見聞きした事があるでしょうか。

なかなか日常生活の中で登場する機会は少ないので、初耳だという方も多くいらっしゃるかもしれません。

言葉の響きからは若干昔の言葉という感じもしますし、なぜか戦国時代・武将といったものが連想されるような気もします。

ここではそんな「腹心の友」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

腹心の友の意味とは

>

腹心の友とは「どのようなことでも打ち明けて相談がすることができる友人、心から信頼できる友」といった意味の言葉となっています。

腹心という言葉には「心の奥底、考えの底」といった意味があるので、心の奥底を見せることができるほどの友人のことを「腹心の友」と言います。

みなさんは心から信頼でき、何事も相談できる友人はいらっしゃいますか?

私はいません(号泣)

現代ではこういった友人のことは単純に親友ということの方が多いかと思います。

ですが、親友よりもさらに重く強い絆を感じる「腹心の友」という言葉はおいそれと使う気にはならないのではないでしょうか。

生きるか死ぬか、大げさに言えばそのようなことを乗り越えて生まれるほどの関係が「腹心の友」となるような気がします。

人生で一人でもそのような友人をもつことができれば、幸せなのではないでしょうか。

腹心の友を使った文章・例

  • 彼は腹心の友と呼べるほど信頼のおける人間だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ