「先入観」の意味とは?意味や使い方を解説!

「先入観」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「先入観」について解説します。

目次

  1. 先入観
  2. 先入観の意味とは
  3. 先入観を使った文章・例

先入観

先入観」という言葉について解説します。

「先入観を持たないようにする」「先入観にとらわれない」といった使い方をするこの言葉、みなさんも見聞きした事があると思います。

中には、実体験として先入観を持っていたがゆえに起きた出来事があったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではそんな「先入観」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

先入観の意味とは

>

先入観とは「実際の体験に先立って、ある特定の対象に対して持つ主観的価値判断、固定的な観念」という意味の言葉となっています。

体験に先立つ歴史的なもの、社会的なものや宗教的なものなど様々な要素・観念によって形成されており、好意的な場合と悪意のある場合と両方が見られるとされています。

ポイントとしては主観的であること、体験よりも先にくることが挙げられそうです。

まだ何も起きていないのに、こうではないだろうか?と思い込むと言ってもいいかもしれません。

往々にして先入観にとらわれて失敗する。ということが多いのではないでしょうか。

起きる前にあれこれ考えるのではなく、体験したこと起きたことを客観的に判断していくということも必要な場合もあります。

客観的にものを見るというのも忘れないようにした方がいいかもしれません。
 

先入観を使った文章・例

  • 先入観にとらわれていたせいで、新しく配属された部長のことを誤解してしまっていた。
  • 先入観からくる頑固さが彼にはある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ