「アイドリング」とは?意味や使い方を解説!

「アイドリング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アイドリング」について解説します。

目次

  1. アイドリング
  2. アイドリングの意味とは
  3. アイドリングを使った文章・例文

アイドリング

「アイドリング」という言葉の意味や例文について解説します。

車のCMなどでよく耳にする言葉ですが、皆さんはアイドリングという言葉の正しい意味をご存知でしょうか。

車関係のお仕事をしている方や頻繁に車に乗る方には、馴染みのある言葉だと思います。

最近では、「アイドリングストップ」という言葉も良く聞きます。

ご存知の方もそうでない方もこの機会に、アイドリングという言葉について深く知っていきましょう。

アイドリングの意味とは

アイドリングとは、「機械や車などのエンジンに負荷をかけずに低速で空転させること。」となります。

アイドリングを日本語に訳すと、「暖気運転」になります。

また、アイドリングストップとは、「車やバイクが無用なアイドリングを行わないこと。」という意味で、信号待ちや一時的な駐停車の際に、エンジンを止めることで、燃料の節約や排出ガスの削減を計ることも目的とした行為になります。

アイドリングストップという言葉は、英語ではありません。
日本語の表現になるので気を付けましょう。

>

アイドリングを使った文章・例文

  1. エコの意識から、信号待ちではアイドリングストップを心掛けている。
  2. エンジンに負荷をかけないよう、発射前はアイドリングをしている。
  3. アイドリングは良くないとも聞くが、実際のところは専門家にしかわからない。
  4. 最近の車は性能が良いので、アイドリングしなくても良いらしい。
  5. アメリカ人の友達に、アイドリングストップと言ったが通じなかった。
  6. アイドリング走行はなかなか難しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ