「アピール」とは?意味や類語を解説!

「アピール」という言葉の意味や類語について解説します。当たり前のように使われているカタカナ語の「アピール」の意味についてしっかりと理解しましょう。

目次

  1. アピール
  2. アピールとは
  3. アピールの使い方・例文

アピール

この記事では「アピール」について解説させていただきます。

みなさんは日常生活の中でもアピールという言葉をよく使いますよね?

受験やバイトの面接などでも自己アピールをしてくださいなどと言われて、自分の長所や短所をアピールする機会が多々あったことと思います。

しかし、アピールという言葉そのものは何を意味しているのか考えたことがある人は意外と少ないかもしれません。この記事を参考にアピールという言葉の意味について確認していきましょう。

アピールとは

まずアピールとは「人々や世間に訴えかけること、またその訴え」「コミュニケーション行為」という意味を持っています。簡単に言えば、自分の特徴や気持ちを相手に伝えることという意味です。

日常生活の中でも比較的によく目にする言葉でもありますので、使い方については問題ないはずです。ただ、アピールという言葉を聞くと、面接や商談などといった堅いイメージを持つ方も多いと思います。実際にはもっと楽に使える言葉であり、友達と一緒に見た映画の感想をアピールしたというような使い方も間違いではありませんので使いやすい言葉の一つとなっています。

アピールの英語

アピールの語源は英語の『Appeal』となっています。
直訳の意味についても私たちが普段使っている意味と大きな違いはありません。

ちなみに自己PRと呼ばれるアピール方法の「PR」についてですが、これは「Public Relations」の略となっており、自分に対して理解や信頼を得ることを目的とする広告活動や宣伝活動という意味があります。
 

アピールの類語

アピールの類語としては
・宣伝する
・アッピール
・説明する
・マニフェスト
などといった自分に対する利益を目的とした他人への訴えを意味する言葉が挙げられます。

アピールの使い方・例文

アピールを使った例文につていご紹介させていただきます。

1.あの人は自分の気持ちをアピールするのが上手い。
2.自分が面接に不合格だったのは自己アピールが足りなかったせいかもしれない。
3.アピールはタイミングが大切だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ